とにかく身長が伸びてほしい!と願う人にお届け

最大限に身長を伸ばす方法

基本知識

まずは身長を伸ばすための基本知識から見ていきましょう!
ポイントは3つあります!

①食べ物(栄養)②運動 ③睡眠

この3つを意識して生活を送れば、身長がグングンと伸びていくはずです。
親の身長が低いからって、子供も必ずしも低くなるとは限りません。
最終的な身長は遺伝ではないのです!

では、具体的に食べ物(栄養)・運動・睡眠とみていきましょう。

 

身長を伸ばす食べ物(栄養)

まずは、身長を伸ばすのに欠かせない栄養素があります。
それは、タンパク質・カルシウム・マグネシウム・亜鉛です。

なので、この4つの栄養素を含む食べ物が身長を伸ばす決め手となります!
とくに骨や筋肉の土台、成長ホルモンのもととなるタンパク質を中心にとり、ミネラルのカルシウム・マグネシウム・亜鉛が、タンパク質の吸収を助けてくれたり、丈夫な骨を作ってくれる役割があるのです。
タンパク質が吸収されれば、成長ホルモンも分泌され骨が伸びていき、身長が伸びると言う仕組みなのです。

 

タンパク質を含む食べ物

言うまでもありません!肉・魚・豆ですね。他にも実はチーズもタンパク質が豊富です♪
比較的に摂取しやすい栄養素ですね。
中でも脂分の少ない良質なタンパク質が肥満になりにくいのでおススメです。

カルシウムを含む食べ物

カルシウムも比較的に食べ物から摂取しやすい栄養素ですね。
牛乳やヨーグルト、チーズなどの乳製品、納豆や木綿豆腐などの大豆製品、ひじきなどの海藻類、骨ごと食べられる小魚や小エビ、小松菜やチンゲン菜などの野菜にも含まれています。

マグネシウムを含む食べ物

タンパク質やカルシウムほどメジャーではありませんが、ごま、アーモンド、カシューナなどのナッツ類、納豆や油揚げなどの大豆製品、のりやひじなどの海藻類、干しエビやあさり、イクラなどの魚介類に含まれています。

亜鉛を含む食べ物

なんと言っても牡蠣がダントツですが、好き嫌いがありますね。
他の魚介類ではホタテやシジミ、うなぎなど、肉類では豚レバー、牛や鶏のもも肉、大豆製品では、高野豆腐や納豆に含まれています。
少々高価なものやクセのある食材なので人によっては摂取しにくいかもしれません。

タンパク質・カルシウム・マグネシウム・亜鉛の役割と食材を詳しく知りたい方は各栄養素のページをご覧ください!

骨の土台や成長ホルモンのもとになる【タンパク質】を摂取して身長を伸ばす!

やっぱり【カルシウム】って身長が伸びるんでしょーねぇ?

カルシウムの吸収を助ける【マグネシウム】の重要性

身長を伸ばす大切な栄養素だけど…なかなか摂取するのが難しい【亜鉛】について

身長を伸ばす運動

次は運動です。

運動をすることによって、骨が刺激されて伸び、身長が伸びていくのです。
また、成長ホルモンの分泌も活発になり身長が伸びていきます。
しかし、運動と言っても、色々な運動がありますよね。

負荷のかかった運動や同じ動きばかりする往復運動などは、骨に負担がかかりすぎ良くありません。
適度な運動がいいのです!
また、年齢によっても適した運動が変わってきます。

詳しくは下の記事をご覧ください。

適度な運動は子供の身長を伸ばす!

身長を伸ばすために、子供の年齢にあった運動を取り入れて骨に刺激を!

身長を伸ばす睡眠

昔ら言われている「寝る子は育つ!」は本当なのです!
なぜなら、寝ている間に成長ホルモンが分泌されるからです。
そして多く分泌させるには、睡眠のゴールデンタイム(10時~2時)にいかに熟睡できてるかにかかっています。
10時に熟睡できる生活をしないと!ですね。

寝てる間に身長が伸びるメカニズム

身長を伸ばす方法の基本知識のまとめ

身長を伸ばすためには①食べ物(栄養)②運動 ③睡眠の3つを意識して生活する必要があります。
そしてこの図を見てください!

この3つのバランスをきちんとこなせば身長が伸びるのです!
悪循環にならないように気を付けましょう。

スポンサーリンク




身長が伸びない原因

更新日:

Copyright© 最大限に身長を伸ばす方法 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.