運動

子供によって差が出る【中学生】の運動!身長を伸ばしたいなら運動は大切!

スポンサーリンク

スポンサーリンク




中学にもなると、女子の場合は段々と成長期も終わりに近づきます。
中には成長期が終わってしまった子もいると思います。

そうは言っても、個人差はありますが、まだまだ伸びるチャンスがある時期ですね!

男子と女子でもかなり違いますね。
小学生のころは男女差はあまりなかったけれど、中学になると逆転して男子が一気に身長が伸びます。
そして、男子の場合は中学で身長が伸びなかった子が高校で急に伸びることもあります。

中学になっても引き続き、「栄養」「睡眠」「運動」を改めて考えないと、身長の伸びがかなり左右します。

タンパク質を意識した「栄養」、質の良い「睡眠」、適度な「運動」は鉄則ですが、中学になると部活も始まり適度な「運動」と言うわけにもいきません。

では、今回は中学生の身長を伸ばすための運動について考えていきましょう。

中学生の運動事情

子供によってだいぶ違います!

まずは部活をしていることしていない子で違いますし、部活によっても、毎日のようにある激しい部活からぬる~い部活とあります。

激しい部活をしている子

激しい部活をしている子はわざわざ部活以外に運動をしなくていいですよね。
部活に限らず、クラブチームに所属している子もそうですね。
逆に身体を休める日が必要です。
また、負担がかかり過ぎるのも、成長期にしかない軟骨の骨端線を傷つけて逆効果になる可能性もあるので気をつけましょう。

ぬる~い部活をしている子

ぬる~い部活は適度な運動になりますかね(笑)
ぬるさ加減にもよりますが。

中学にもなるとさすがに公園や外遊びはないですから、運動を適度に楽しむにはちょうど良いかもしれません。
適度な運動によって、成長ホルモンが分泌されます。
そして、成長期にしかない軟骨の骨端線を刺激して、骨が伸び、身長が伸びていくのです。

部活をしていない子

部活をしていない子と言うより、運動を全くしていない子は要注意です。
最近、ゲームやPC、スマホいじりばかりして外に出ない子も増えてきています。
下手すると歩く量がお年寄り少ない子もいると聞きますね。

絶対に運動しましょう!

身長が伸びる伸びないの前に、骨や筋肉が衰えてしまいます。
まずは歩く習慣から始め、運動する習慣を付けましょう。

身近で簡単にできるものは、縄跳びがおススメです。

上に跳んで着地する、上下運動は骨に刺激を与え身長の伸びに繋がります。

ストレッチと姿勢

ストレッチをすると骨が伸び身長が伸びる効果があります!

こちらの記事も合わせてお読みください♪
身長が伸びる効果のあるストレッチ法!

ストレッチをすることにより、運動していない子にとっては良い運動になりますし、激しい運動をしている子にとっては溜まった乳酸を取り除くことができるので疲れも取れるというわけです。

運動している子もしていな子も積極的にストレッチを取り入れましょう!

また、姿勢によっても身長の伸びが変わってきます。
もちろん、まっすぐに背筋が伸びている方が身長も伸びます。

猫背だと骨や筋肉に偏った負担がかかったり、血流も悪くなるので、身長の伸びを妨げてしまいます。

意識して背筋を伸ばしましょう!

スポンサーリンク




-運動

Copyright© 最大限に身長を伸ばす方法 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.