未分類

ストレスを発散させ成長ホルモンの分泌UP!を目指す

スポンサーリンク

スポンサーリンク




身長を伸ばすのに、十分な「栄養」、質の良い「睡眠」、適度な「運動」は鉄則ですね。

この3つを意識した生活を送れば、きっと遺伝以上の身長が伸びるはずです。
しかーし!それ以上に身長を伸ばしたい方は必見!

十分な「栄養」、質の良い「睡眠」、適度な「運動」の生活にプラスして

過度なストレスがない生活を送る!

ストレスをうまく発散できる子に育てる!

ことが重要なカギとなるのです!

なんで?ストレスが関係あるのかって?
実はストレスは成長ホルモンの分泌を妨げてしまうんです!

成長ホルモンとストレスの関係

成長ホルモンは、脳下垂体から分泌されるホルモンの一種です。

図を見るとわかりますが、脳の下垂体から分泌される「成長ホルモン」が血液によって肝臓に運ばれて、ソマトメジンC(IGF-I)という別のホルモンになります。
それが骨に届くと成長期にしかない軟骨の骨端線の細胞の増殖して、骨が伸び、身長が伸びる仕組みなのです。
つまり、脳からの指示で身長が伸びていくのです。

で?ストレスがなんで関係あるのかって?

ストレスを感じると言うことは、脳で感じることになるので、脳の下垂体から分泌される「成長ホルモン」を妨げてしまうのです。

なので、少しでも身長を伸ばしたいと願っていたら子供のストレスのことを考えなくてはなりません。

子供のストレス

つい、ストレスと言うと会社関係やらで大人の世界を思いがちですが、子供たちも保育園や幼稚園や学校、習い事などで親の知らないところで色々なことをやって、色々な人と接しています。
嬉しいことや嫌なことを感じながら、実は小さいときから社会に出てるのです。

そりゃ、ストレスだってありますね。

年齢や育った環境、周りの環境によってだいぶ違いますが、ストレスがない子供なんていないのです。

精神的に来るダメージがストレスと思いがちですが、生理的な欲求が満たされないことでもストレスを感じます。
例えば、お腹空いたとかもストレスなのです。

そして、最近では親からのプレッシャーや親のイライラでストレスを感じる子も多いと言われています。

昔と違って共働きの家庭も多くなり、女性も働く時代です。
お母さんも社会にに出ていればストレスも溜まりますね。
そのストレスでイライラすると子供もストレスを感じてしまいます。

そして、もう一つは受験や英才教育がエスカレートして、親からのプレッシャーや圧力がストレスになってしまうこともあります。
多少のプレッシャーは大切ですが、過激すぎて子供に過度のストレスを与えてしまったら成長ホルモンの分泌が低下してしまいます。

とは言っても、誰にでもストレスはありますが・・・

ただし、過度なストレスは身長の伸びをストップしてしまいます

ストレスを感じた時の対処法

ストレスが溜まったら、大人と同じでうまく発散するようにしましょう。
嫌なことを忘れすくらい楽しいことをすればいいのです!
そして、成長ホルモンの分泌をどんどん促してあげましょう!

乳幼児はお腹空いた・おしりが気持ち悪いなどの生理的なストレスなので、不快と思うことの対応をすればいいのです。
幼時になると、思い通りにできないとストレスを感じることも増えますが、だれもが通る道なのであたたかく見守ってあげましょう!

小学生は、とにかく遊ぶことですね!そして、身体を動かすこと!
とくに公園での外遊びが一番のストレス発散になります。
高学年ころからはスポーツの楽しみもわかってくるので、何かスポーツを始めるのもいいかもしれません。

中学生からは、思春期で人間関係のストレスが増えてきます。
また、進路や社会に出ることへのプレッシャーや大人になる準備などで複雑な時期です。
部活やスポーツをしていれば、身体を動かして多少発散できますが、その部活がストレスだったりもするので、本当に難しい時期です。

基本的には、仲間と身体を動かしていい汗をかくことが心にも身体にも良いことです。

家ではおいしいものを食べたり、楽しく過ごすのが何よりです。
いつでも打ち明けられる環境づくりも大切です。
そして、子供のSOSやちょっとした変化に気づけるよう心がけましょう。
プラスして
ストレスに強い子供を育てることも重要です!

成長ホルモンの分泌を妨げてしまうストレスを発散して身長をどんどん伸ばしましょう!

スポンサーリンク




-未分類

Copyright© 最大限に身長を伸ばす方法 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.