未分類

身長の伸びを妨げてしまう乳幼児のストレスは親の愛情で発散させよう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク




子供の身長を伸ばすのには、十分な「栄養」、質の良い「睡眠」、適度な「運動」は鉄則です!
そして、さらに身長を伸ばしたいのなら

過度のストレスがない生活!
ストレスを発散させる!
ストレスに強くなる子に育てる!

ことが、重要なカギとなるのです!
なぜならば、ストレスは成長ホルモンの分泌を妨げてしまうからです。
成長ホルモンは、脳下垂体から分泌されるホルモンの一種で、ストレスを感じると脳が反応して分泌を妨げてしまうのです。

こりゃ大変だ~!

「栄養」「睡眠」「運動」に気を使ってもストレスで成長ホルモンの分泌が低下したらもったいないですね。

子供と言っても0歳~18歳ごろまでと幅広いので、まずはストレスの原因を年齢層別にみていきましょう。

今回は乳幼児のストレスです。
乳幼児と言っても、乳児は産まれてから1歳まで、幼児は満1歳から小学校就学までの子供のことなので二つに分けて考えましょう。

乳幼児ってどれくらい身長が伸びるの?

乳児(生まれてから、1歳0ヶ月までの1年間)

男の子:平均24.9cm
女の子:平均23.9cm

幼児(満1歳~6歳)

男の子:平均44.1cm
女の子:平均44.9cm

乳幼児のストレス原因

乳児のストレス

身体に不快を感じるストレスがほとんどです。
●腹減った~
●おしりが気持ち悪い
●うまく眠れなーい
●汗かいて気持ち悪いから洋服変えて~
●ミルク熱いじゃないか!
●かゆ~い
●服の着せすぎや布団のかけすぎで暑い!
●部屋が暑い!
などなど

幼児のストレス

身体の不快とプラスして気持ちの問題も出てきます。
●腹減った~
●お母さんから離れたくないよ~
●自分の気持ちを伝えられない
●知らない人がいる・・・だれ?
●知らないところにいく・・・どこ?
●保育園や幼稚園など集団生活が始まる
●兄弟ができる

乳幼児のストレス解消法

乳児期の解消法

まだ何もできず、泣いてアピールすることだけが手段です。
不快なことがなければストレスもないので、基本的にお世話が中心です。

ただ、もっと安心できるのはお母さんと触れ合うことです。
お母さんと触れ合うことで情緒も安定します。

幼児期の解消法

お母さんから離れて、保育園や幼稚園の集団生活が始まります。
慣れるまで時間がかかる子と全然大丈夫な子と、子供によって違います。
自我も出てくる時期なので気持ちの整理がうまくいかず、また、思ったことややりたいことがうまく伝わらずストレスを感じることもあります。

まずは、親が気にかけてあげることが大切です。
何をしたいのか?受け止めてあげましょう。

そして、できるだけ気が済むまでやりたいようにやらせてあげましょう。
大人目線で、はじめからあれしちゃダメ!これしちゃダメ!と言うのはよくありません。
ケガや事故には気を付けながらできるだけ自由に動ける環境を作ってあげましょう。
ストレスも解消できますが、子供の可能性も伸びていきます!

まとめ

やはり親の愛情が一番のストレス解消となりますね。
親のイライラも子供に影響するので、親のストレス解消を忘れずに!

しかし愛情と言っても、過保護になり過ぎるのはよくありません。
ちょっとしたことでめげないように、ストレスに強く、たくましく育てていきましょう。

身長の伸びを妨げてしまうストレスをうまく解消して、またストレスに強くなって成長ホルモンの分泌をUPさせましょう!
また、笑うこともストレス解消になるので楽しい時間を一緒に過ごしていきましょう。

スポンサーリンク




-未分類

Copyright© 最大限に身長を伸ばす方法 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.