未分類

【小学校低学年】はおやつに注意!身長を伸ばすために適した栄養

スポンサーリンク

スポンサーリンク




身長が伸びる時期は個人差があります。
伸びるスピードも一定ではありません。

昔は身長が高かったのに、大人なって会ったらこんなに低かったっけ?とか
逆に低かった人が高くなってびっくりするパターンもありますね。

思春期を迎えるのが早く、成熟が早いと身長の伸びは止まってしまいます。

どの時期もそうですが、
質の良い「栄養」「睡眠」「運動」は鉄則ですね。
ただ、年齢によって違いはあります。
その時期に適した「栄養」「睡眠」「運動」を取り入れなくてはなりませんね!

小学生低学年の必要カロリー・平均身長・身長の伸びの平均

まずは、小学校低学年の必要カロリー・平均身長・身長の伸びの平均です。

 

必要カロリー

7歳 :男子1550Kcal/女子1450Kcal
8~9歳:男子1850Kcal/女子1700Kcal
(活動レベルによって必要カロリーは違います)

平均身長

7歳:男子119.8cm/女子120.5cm
8歳:男子125.8cm/女子127.5cm
9歳:男子131.8cm/女子132.5cm

身長の伸びの平均

男子:12cm
女子:12cm
男女とも12cmですね。

では、この数値を頭に入れて
小学校低学年に必要な「栄養」「睡眠」「運動」を考えてみましょう!

今回は栄養について!です。

栄養バランスの良い食事

なんと言っても、主食・主菜・副菜をそろえたバランスの良い食事です。

★主食
ごはん、パン、麺類などのタンパク質
【体のエネルギー源になるもの】

★主菜
肉、魚、大豆製品、卵などのたんぱく質を多く含む食材
【骨や筋肉や血液の元になる材料】

★副菜
野菜、キノコ類、海藻類などのビタミンや亜鉛・マグネシウムなどのミネラル分や食物繊維
【身体の調子を整えてくれます】

お昼ご飯は学校給食でバッチリ栄養バランスのよい食事がとれますね。
朝晩は忙しくて難しいです。
作り置きなどを利用してうまく栄養バランスの良い食事を心がけましょう。

とくに摂取したい栄養素

★合わせて読みたい記事
骨の土台や成長ホルモンのもとになる【タンパク質】を摂取して身長を伸ばす!

タンパク質!良質なタンパク質です。
それは骨の材料になるからです!
まずは、土台となる材料を摂取しないと話になりません。

★小学校低学年が1日に必要とするたんぱく質の摂取量
6歳~7歳:35g
8歳~9歳:40g

この数値を頭に入れておいてください。

そして、タンパク質の吸収を助けてくれるビタミンも一緒に摂取していきましょう!

★合わせて読みたい記事
身長を伸ばす栄養素【タンパク質】の吸収をUPするには

おやつに注意して!

そして、気を付けたいのは、せっかくバランスのよい食事を考えて、栄養を考えた食事を作っても、「おやつ」の食べ過ぎには注意しましょう。

おやつを食べ過ぎてお腹がいっぱいになり、ご飯が少ししか食べられない・・・
なんてことがないように心がけましょう。

トータルカロリーは足りるかもしれませんが、おかしなどで満たされては身体によくありません。
身長が伸びるどころか、子供なのに生活習慣病や肥満児になりやすくなってしまいます。

ついつい簡単にスナック菓子などを食べてしまいますが、
スナック菓子には身長を伸ばすのを妨げてしまう添加物も多く入ってます。

★合わせて読みたい記事
注意!身長を伸ばすのを妨げてしまう危険な添加物!

まとめ

間食【おやつの量】に気を付けて、栄養のバランスを考えた食事を心がけましょう!
中でも、骨の材料となる良質のタンパク質を意識して摂取していきましょう。

そして、楽しく食べてれば栄養の吸収もUPします!

スポンサーリンク




-未分類

Copyright© 最大限に身長を伸ばす方法 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.